“Daisuke MURAYAMA”

1977年
新潟県にて生まれる
1997年
飛騨国際工芸学園陶磁器専攻卒業
1999年
「ラ・パロマ」にて陶芸に従事
2002年
初個展『せんとま』(大分県日田市「桃の木」にて)
2004年
独立後、新潟県十日町市にて「村山大介陶芸研究所」設立
2005年
IDSデザインコンペディション審査員賞
2009年
個展『うつわ展・春』新潟県新潟市
企画展『境内アート選抜展2009』長野県
個展『日常のうつわ展』神奈川県横浜市(COZAの間)
個展『暮らしのうつわ展』新潟県上越市
2010年
企画展『新潟のクラフト作家展』横浜市(COZAの間)
個展『うつわ展』大分県国東市
個展『器展 冬』新潟県上越市
2011年
企画展『境内アート選抜展2011』長野県
企画展『3つの個性アート展』新潟県上越市
個展『妻有の土の器展』神奈川県横浜市
個展『越後の土の器展』新潟県上越市
その他  国内外の現代アート作家による作品やプロジェクトに陶磁器で参加
2012年
個展『鎬の小物達展』新潟県新潟市
個展『村山大介-うつわ展-』新潟県上越市
企画展『のみもののための器展』東京都世田谷区
2006年
スーメイ・ツェ 「帰省計画―ポテトプロジェクト」
リナ・バナジー 「場所の魅力」
2009年
ドロテー・ゴルツ「コーヒー・セレモニー」
山田 健二   「雪室宿」
2012年
アン・ハミルトン「ドラゴン現代美術館」

Q1:まずあなたのバックグラウンドを教えてもらえますか?
1977年
新潟県にて生まれる
1997年
飛騨国際工芸学園陶磁器専攻卒業
1999年
「ラ・パロマ」にて陶芸に従事
2002年
初個展『せんとま』(大分県日田市「桃の木」にて)
2004年
独立後、新潟県十日町市にて「村山大介陶芸研究所」設立
2005年
IDSデザインコンペディション審査員賞
2009年
個展『うつわ展・春』新潟県新潟市
企画展『境内アート選抜展2009』長野県
個展『日常のうつわ展』神奈川県横浜市(COZAの間)
個展『暮らしのうつわ展』新潟県上越市
2010年
企画展『新潟のクラフト作家展』横浜市(COZAの間)
個展『うつわ展』大分県国東市
個展『器展 冬』新潟県上越市
2011年
企画展『境内アート選抜展2011』長野県
企画展『3つの個性アート展』新潟県上越市
個展『妻有の土の器展』神奈川県横浜市
個展『越後の土の器展』新潟県上越市
その他  国内外の現代アート作家による作品やプロジェクトに陶磁器で参加
2012年
個展『鎬の小物達展』新潟県新潟市
個展『村山大介-うつわ展-』新潟県上越市
企画展『のみもののための器展』東京都世田谷区
2006年
スーメイ・ツェ 「帰省計画―ポテトプロジェクト」
リナ・バナジー 「場所の魅力」
2009年
ドロテー・ゴルツ「コーヒー・セレモニー」
山田 健二   「雪室宿」
2012年
アン・ハミルトン「ドラゴン現代美術館」
Q2:アーティストとして活動し始めたのは何歳ごろですか?またそのきっかけは?
きっかけは、自身が今まで出合った世の中の食器が、どこかシンプル過ぎたり逆に装飾過多なものだったりして、もっとプレーンな物が欲しいと感じたからです。
Q3:アートは人々に影響をもたらすと思いますか?もしそうであればどんな事だと思いますか?
アートを身近に感じる事で今まで気付けなかった感情を動かし、暮らしの中に潤いや刺激を与えてくれるきっかけ作りにはなると思います。
Q4:作品を作る際にいつも心がけていることはありますか?
使える事第一。装飾過多や自称個性の押し売りみたいな物にならないようにする。いろんな意味で軽すぎず重すぎず。何気なくいつも手にとって使ってもらえる器であれば充分です。
Q5:今回坩堝は「日本」をイメージした作品を依頼していますが、どのような作品作りをしましたか?
かっこいい物。
使っている人が使っていてかっこいいと思える物を意識して作りました。
Q6:最後に坩堝に参加しようと決めた理由を教えてください。
まず、村山大介陶芸研究所の器を気に入ってくれた事です。
それと、新しい提案をしてもらえた事です。
Q1 : Firstly can you tell us your background including your career?
1977:
Born in Niigata prefecture
1997:
Graduation from Hida international institute of industrial art, academy of ceramic.
1999:
Working for “La Paloma” as a craft potter.
2002:
First solo exhibition “Sentoma”in Ooita prefecture.
2004:
After my independence, founding “Daisuke Murayama ceramic lab”.
2005:
Receive IDS Design Competition Judging Committee Award.
2009:
Personal exhibition “Utsuwa . Spring” in Niigata
Group exhibition “Keidai Art Selection 2009” in Nagano
Personal exhibition “Nichijou no Utsuwa” in Kanagawa
Personal exhibition “Kurashi no Utsuwa” in Niigata
2010:
Group exhibition “Niigata no Craft Sakka” in Yokohama
Personal exhibition “Utsuwa” in Ooita
Personal exhibition “Utsuwa Winter” in Niigata
2011:
Group exhibition “Keidai Art Selection 2011” in Nagano
Group exhibition “Mittsu no Kosei Art” in Niigata
Personal exhibition “Tsumaari no Utsuwa” in Kanagawa
Personal exhibition “Echigo no Tsuchi no Utsuwa” in Niigata
2012:
Personal exhibition “Shinogi no Komonotachi” in Niigata
Personal exhibition “Daisuke Murayama –Utsuwa-“ in Niigata
Group exhibition “Utsuwa for a drink” in Tokyo
On the other hand, Participated in some of international and domestic works and projects by makingceramics.
2006:
Tse Su-Mei “Kisei Keikaku –Potato Project-“
Rina Banerjee “Basho no Miryoku”
2009:
Dorothee Golz “Coffee Ceremony”
Kenji Yamada “YUKIMUROYADO”
2012:
Ann Hamilton “Dragon Art Museum
Q2 : What age have you started your activity as an artist, and what did motivate you?
I’ve never worked as an artist.My career is a potter and ceramic creator.
I started my career as a creator since I founded my own studio when I was 24.
It was because I had been feeling dishes everywhere was somehow too simple or too much decorated.
I wanted much more appropriate ones.
Q3 : Do you think art influences people? If you do, what kind of thing does it?
It can be an opportunity to give more value and incentive to the life by feeling art more closely and move the emotion which we haven’t realize.
Q4 : Do you have anything to pay attention when you do your work?
Usefulness is first.
Trying not to push the decoration and personality to the users.
Not too light and too heavy in terms of several meaning.
It’s enough to be a dish which can be appropriately used everyday.
Q5 : This time, RUTSUBO held up “JAPAN” as the theme, and could you let us know how you projected the theme to your artwork?
Something cool.
I made them for user can feel it’s cool to use it.
Q6 : Finally, please describe what made you to participate RUTUBO project.
It’s because I was happy that Mr. Miyazaki kindly liked my work.
As well, I received new proposal of the way to show my work.

PRODUCT

  • 04_02_artists_murayama_06
  • 04_02_artists_murayama_08
  • 04_02_artists_murayama_13
  • 04_02_artists_murayama_10