“Ly”

東京生まれ。黒と白と、グレーで、ひたすら、小さい頃から脳の中につくってきた世界を描くペインター。彼女自身のようなモンスターたちは、悲しそうで、孤独であるが、まっすぐ何かを伝えたがる。東京を中心に、NYでのNYLONとのコラボレーション、LAやCOSTA MESA、Paris、Bangkok、Hongkong、でのart ShowやMuralなど国内外で活動。
展覧会「PARK’S GRAY」(2013,GALLERY TARGET)、展覧会「harmony」(2014,GALLERY COMMON)、壁画「HATEFUL LANDSCAPE」(2014,新宿無印良品)、壁画「PARCO’S PARK」(2015,渋谷PARCO)、壁画「GRAY’S LANDSCAPE」(2015,PAPABUBBLE)、SHIBUYA ART AWARD2014トーキョーワンダーサイト館長賞受賞。高校生のときからハーモニー・コリンが神様。

Q1:まずあなたのバックグラウンドを教えてもらえますか?
東京で生まれ育ちました。物心ついたときから絵を描いていたので、小学生からアートスクールで絵を学んでいました。
でも11歳の時、デッサンの授業でいっしょにスクールに通っていた友達に圧倒的な技術の差を見せつけられ彼女への嫉妬心で挫折しました。
以降スクールには通っていたのですが、自由に描くのみ。絵の上達はいっこうにせず、デッサンが下手なので美大にもいけないという被害妄想に悩みます!
高校のときのスケーターの彼氏の影響でストリートアートに出会って、ミューラルペイント、グラフィティの魅力を知り、虜になるものの彼らのグラフィティ技術にまた嫉妬します。
授業中にグラフィティの練習をしていたのを思い出します。この頃から、ハーモニー・コリンの虜になって、いまもだいすきで神様みたいな存在です!
絵を通して挫折したり、うまくいかなかったりすることを学んだので、創作の根源はHATEとかSHITとか「怒り」になっていきました。いまもそうです。
Q2:アーティストとして活動し始めたのは何歳ごろですか?またそのきっかけは?
23歳です。
アートスクールで、デッサンでかなり若いときに挫折していて、そのときに「美大には行けない」という思いこみがあったのでふつうの大学に進学したものの、ペインティングはしていたもののあそびほうけていたので就職もせずに卒業しました!
在学中にしりあいのデザイン事務所でバイトしてたので卒業後もそこでバイトしていたけどペインターとして生きていきたいのを社長はしっていたので、突然、クビになりました!
そこからペインターとしてだけ生きてきました!
Q3:アートは人々に影響をもたらすと思いますか?もしそうであればどんな事だと思いますか?
「◯◯な影響をうけた!」とか「◯◯な気持ちになった!」とか感想をいってきてくれるのでアートは人に影響を与えているんだなあとはおもいます。
でも実際どんな影響あたえてるかは、まだ、あまり興味がないかも。
それよりもアートが自分に与える影響のが強くて、自分からはだれかになにか伝えようとか、影響を与えようとかは全く思いません。
いまはアートを通して、自分の修行みたいな期間なので、自分のしてるアートが自分にあたえる影響のほうが遥かに大きいように思えます。
将来70歳くらいになったら、誰かにこうおもってほしいとかメッセージをこめた作品がつくれるようになるかも。そのときが楽しみ。
Q4:作品を作る際にいつも心がけていることはありますか?
「怒る」と「つらくある」と「うひゃあ♡って気持ちまでもってく」ことです。
前世でなんかあったんじゃないかってくらい、子供のときから絵を描いているときは「怒り」があります。笑
うまくかけないもどかしさの積み重ねがそうなっているのだとおもうのですが、ほんと怒っていることが多いです!絵を描いているときだけね。
だからちゃんと「怒り」みたいななんともいえない「HATE」みたいな「SHIT」な感情はもったまま描いています。
あと「つらくある」は描くのがつらくて、「いつ終るんだろうこのでかいミューラル!」っておもうくらいおおきな作品を描き終えたときがすごく好きなのでつらい作品制作がすきです。どMなのかも!
あとは描いてて、しっくりこないとこはぜんぶ排除して、「うひゃあ♡」って気持ちのよさの突抜まで描くことです。
Q5:今回のコラボレーションで一番見てほしい所はどのような観点でしょうか?
数年間、だしおしみしまくったLyのメインキャラ「DIKくん」をつかっているとこです!
Q6:最後に坩堝に参加しようと決めた理由を教えてください。
ストリートだいすきなのに、アパレルコラボは10代が好きそうな女の子のよくわからないブランドばかりで悲しんでいたところ念願のストリートカルチャー押しの「坩堝」からきてうれしかったから!
Q1:Firstly, could you tell us your background including your career?
I was born and grown in Tokyo.
Because I liked drawing, I used to go to painting class since I was a kid.
When I was 11, I faced inevitable difference of talent of my classmate, and had a setback because of my jealousy.
After that, I had still been in the class, but just drawing what I want.
Since then, I suffered that there was no progress of the skill, and because of that, I imagined that I couldn’t get into an art collage.
When I was in high-school, by the influence of my boyfriend who was a skateboarder, I met street-art, such as mural painting and graffiti, and I was fascinated.
However, I also was jealous to their skills at the same time.
I remember I practiced graffiti while in class.
Around this time, I was captivated by Harmony Korine.
He is still my idol like a god!
I learned setback and somethings which don’t go smoothly, source of energy of my work is “anger” just like hate, shit and so on.
It’s been same for now also.
Q2: What age have you started your activity as an artist, and what did motivate you?
It was 23 years old.
In painting class, I experienced setback on sketching when I was young, and I imagined that I couldn’t go to an art college.
I went normal college, and kept drawing just for fun, but I just wasted the time, so I graduated without any job offer.
I worked for design office of a person I know as a part-time, though.
My boss knew that I was going to survive as a painter, he suddenly fired me.
Since then, I’ve survived just as a painter!
Q3: Do you think art influences people? If you do, what kind of thing does it?
I think it does because people tell me their impression like “influenced by something” and “feels like something”.
However, I’m not so interested in the detail of what influenced them.
Rather than that, influence of art to me is much stronger, so I’ve never thought I would message or influence someone else.
For now, it still is in the term to learn, so the influence of the art which I’m doing is much much bigger to me.
When I’m 70, I may think that I want someone to think like “this” or give a message to someone by my work.
I’m looking forward to it.
Q4 : Do you have anything to pay attention when you do your work?
Leading myself to anger, being suffered, and being psyched.
I have anger when I draw just like I may have experienced something special at my former life.
I guess it is a kind of continuous frustration at my work, and I really get mad most of the time only when I draw.
So I always have anger…some kind emotion which is like “hate” or “shit” at my drawing.
“Being suffered” means that I love the feeling to finish my work which I was suffered and felt “when can I finish this huge mural?”
That’s why I like suffering work.
I might be a masochist.
As well, I’m psyched by removing everything doesn’t fit me and just focus to my drawing.
Q5: What point do you want to strongly appeal to everyone on your work this time?
I drew my character “DIK” which I stinted for several years!
Q6:Finally, please describe what made you to participate RUTUBO project.
Because I was happy that “RUTSUBO”, which has concept of street culture, offered me this collaboration when I was sad because of that I couldn’t understand the stream of brands which teenage girls like.

PRODUCT

  • 04_03_artists_ly_06
  • 04_03_artists_ly_08
  • 04_03_artists_ly_10
  • 04_03_artists_ly_12